MENU

8人に1人は高齢出産の時代です

少し前までは、結婚したら仕事はやめるというのが当たり前でしたが、現在では、結婚後も仕事を続ける女性が増えてきました。 そのため、結婚が遅くなり、出産年齢の高齢化が進み、8人に1人は高齢出産になっています。

最近では、初婚年齢の上昇に伴い、高齢出産となる人が増加してきています。 そのおもな原因は、働く女性が増えた、ということです。

以前は結婚したら仕事をやめるというのが一般的でしたが、今では結婚後も仕事を続けられる環境が整っているからです。そのため、出産も高齢化が進んでいます。

高齢出産とは、初産を35歳以上で向かえることをいいます。

出産は、35歳を超えるとさまざまなリスクがあると言われているため、実際に心配になっている人は少なくありません。しかし、正しい知識を持っていれば、ほとんどの心配ごとは解決できるようになりました。

現在では、高齢出産を経験する人が多くなり、実に8人に1人は高齢出産という時代になっています。高齢出産することは、あまり珍しいことではなくなってきたのです。

また、芸能人でも多くの人が高齢出産をしています。テレビのニュースなどのメディアで、よく芸能人の高齢出産の話を聞きますが、このように、マスコミの報道でも高齢出産の話をよく耳にするようになったので、身近に感じるようになったといえます。

芸能人の高齢出産のニュースは、35歳以上の妊娠している方に安心感を与えてくれます。高齢出産を経験した芸能人は、江角マキコさん、黒木瞳さん、ジャガー横田さん、そしてアメリカのシンガーであるマドンナなど、多くの方がいます。

仕事の関係で、芸能人は結婚・出産が遅くなること人が多いという傾向があります。 今後も芸能人だけではなく、一般の方でも高齢出産する割合が増えていくと考えられています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次